for文を使った整数の和の求め方

任意の整数nに対して、1からnまでの和を求めるプログラムを作成したい場合は、for文を使うと便利である。

f:id:Shu_polos:20161002183508p:plain

for文の{}の中にはあくまで、反復処理したい内容だけを書くようにしよう。整数の和を代入するための変数sumは、for文の前に変数宣言しておこう。さらに、WriteLineメソッドでは、反復処理を終えた結果のみをコンソールに表示したいので、このメソッドはfor文の外に記述する。

計算結果は次の通り:

f:id:Shu_polos:20161002184040p:plain