【PowerShell】

ネットワークアダプターに関する情報を取得したいときのコマンドレットは、

「Get-NetAdapter」

 

【参考】

・「Get-NetAdapter - TechNet - Microsoft

 <https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj130867(v=wps.630).aspx>

【SharePoint】「外観の変更」を行うための条件

SharePoint2013では、「外観の変更」を行うには、下記の条件のいずれかを満たしている必要がある。

 ・「デザイン」権限を付与されている

 ・「フルコントロール」権限を付与されている

 ・「サイトコレクションの管理者」

C#の覚え書き

演算子

int型の変数aの値2に、8を足して、aの値を10にしたいとする。その際の式は次のように書く。

f:id:Shu_polos:20160925172226p:plain

くれぐれも、a = 10; といきなり書かないこと。あくまで代入演算子を使って値を代入したうえで値を変更する。

*****

C#では、整数どうしで計算すると、その結果は整数になるという規則がある。そのため、次のような意図せぬ計算結果が出ることがある。

f:id:Shu_polos:20160925173651p:plain

計算結果に小数点以下が使える実数を算出するやり方としては2通りの方法がある。

1つ目は、実数表記にて計算するやり方だ。

f:id:Shu_polos:20160925173914p:plain

2つ目は、型キャストという方法である。互換性がある型の場合、データ型名を()でくくったものを値や変数の前に書くと、その型に変換できる。

f:id:Shu_polos:20160925174541p:plain

整数を実数に型変換する場面はけっこうある。例えば、身長(cm)を(m)に単位変換する場合は、身長(cm)を100.0で割ると、 正確な値を算出できる。

 

【メソッド】

アプリケーションを終了するコード:this.Close();

 

【クラス】

フィールド(メンバー変数)とは、あるクラスの中で、メソッドの外に記述する変数のことであり、ローカル変数とは、メソッド内で宣言する変数のことを呼ぶ。

f:id:Shu_polos:20160925164725p:plain

【配列】

配列は同じ型の変数を1つにまとめるときに便利な記述方法。

 

左辺の "a" は配列名。

右辺の "[ ]" は要素数。"{ }"には変数に代入する値を記述する。宣言と同時に変数の初期化が行われる場合は、要素数は省略できる。

左辺と右辺のデータ型は同じ型であること。

f:id:Shu_polos:20160925170332p:plain

上の代入式の場合、配列要素の参照は、a[0] = 1, a[1] = 2, a[2] = 3, a[3] = 4となる。

 

 

 

 

 

 

TryParseメソッド

TryParseメソッドは、数値からなる文字列を数値に変換するためのメソッドである。戻り値は、変換が成功した場合はTrueで、失敗の場合はFalseとなる。

Visual Studioの便利なショートカットキー

【ショートカットキー】

・「Ctrl + K, Ctrl + D」: ドキュメントのフォーマットを整える

・「Ctrl + K, Ctrl + C」: コメントアウトする

   「Ctrl + K, Ctrl + U」: コメント解除

・「Alt + ↑(↓)」: 選択した行を上(下)に移動

・「Ctrl + Tab」: タブの移動

・「Ctrl + クリック」:定義に移動する

・「Shift + Alt + Enter」: View Code Editor in Full Screen

拡張機能

・「Productivity Power Tools 2015」は便利。プロジェクトごとに色分けしてくれる。エラーがあるファイルにはソリューションエクスプローラーのファイル名に赤線が出て、教えてくれる。

・「Code Alignment」 : 指定した文字位置でコードを揃える

・「C# outline 2015」:あらゆる({})でアウトラインが有効になる

・「Visual Studio 2015 Color Theme Editor」:VSのカラーテーマを変更できる

 

【小技】 

・タブのピン止めを強調する

Visual Studioのエディタ画面の左端をクリックすると行選択をできる

・フォントは「Consolas」にすると文字を判別しやすい

 

for文を使った整数の和の求め方

任意の整数nに対して、1からnまでの和を求めるプログラムを作成したい場合は、for文を使うと便利である。

f:id:Shu_polos:20161002183508p:plain

for文の{}の中にはあくまで、反復処理したい内容だけを書くようにしよう。整数の和を代入するための変数sumは、for文の前に変数宣言しておこう。さらに、WriteLineメソッドでは、反復処理を終えた結果のみをコンソールに表示したいので、このメソッドはfor文の外に記述する。

計算結果は次の通り:

f:id:Shu_polos:20161002184040p:plain

 

 

 

文字列から任意の文字をchar型の変数に代入する方法

任意の文字列を入力し、その文字列の中の任意の文字をchar型の変数に代入したい場合、どのように記述すればいいのだろうか。

f:id:Shu_polos:20161002165112p:plain

その方法はシンプルだ。ReadLineメソッドの後ろに、"[取り出したい文字の位置番号]"を入力すると、あら不思議、char型の変数cに任意の文字が代入される。

実行結果は次の通り。

f:id:Shu_polos:20161002165518p:plain